パセ実験解説人毛毛束をゲル化させます。

台風19号の上陸で、大雨特別警報が出ている地域の皆さん、安全確保と警戒を充分されて下さい。お取引しているサロンさんも多く、何もないことを心からお祈りいたします。

今日は、昨日の続きで髪がポリイオンコンプレックスによりゲル化したら、どうなるかを書きます。その実験です。

まずは、人毛毛束にラスィーヌトリートメントをたっぷりつけて、すぐに水の中でかき回します。当然トリートメントが水に溶けて白く濁ります。考えるとサロンでのトリートメントでも塗布してお湯で流すと、同じ現象となります。せっかく高価なトリートメントを塗布しても、かなりのトリートメントが流されます。これでは、サロンでの仕上りはいいかもしれませんが、効果のもちがわるいことでしょう。

1人で実験したので、毛束を持ってトリートメントを塗布する場面は撮影できず…
当然、白く濁ります。

次に同じように、ラスィーヌトリートメントをたっぷりつけて、すぐにゲル化させるティージュを少量つけます。そして、水の中でかき回します。

いかがでしょうか?全く白く濁りません。これが、トリートメント成分を瞬時凝固してゲル化した現象です。ゲル化してしっかりとどまります。

サロンでも、トリートメント成分をゲル化することで、トリートメント成分が流れません。有効に使うことができ、しっかりとどまることで、効果のもちもかなり長くなります。

つまり、毛髪内部に栄養分をゲル化させしっかり補充。頭皮に潤いを与え、毛髪を太くしボリュームアップします。

さらに面白いのは、この2つの毛束から水分を切ったときの違い。その違いは次回に書きます。お楽しみに!

こちらの画像も、パセを取り入れた先生からの依頼ですが、皆さんと共有したいと思います。パセをお客様にアピールしたいサロンさんはぜひ活用して下さいね。解説文もお使い下さい!

今日は、パセ実験人毛毛束をゲル化させます。を書きました。次はゲル化した髪の変化を書く予定です。お楽しみに!

今日もご覧いただきありがとうございました。

エムティー株式会社 才木 豊