イチゴカラー施術1ヶ月後の感想

講習モデルになってもらったスタッフさんに、その後の経過を聞きました。イチゴカラーNB8で全体をワンタッチで染めました。

1ヶ月以上経っていますので、色が抜け出る褪色でトーンが上がっています。ただ、色の保ちがいいのか従来の色の抜け方とは違うようです。この時点で、9レベルくらいまで上がっていますが、色み的には、あまり変化はないようです。

本人さんは、「今までの明るい色で染めた時の褪色は、どうしても傷んだような色になります・・・今回は、そのいやらしい色の抜け方ではないですね~

当然、白髪は出ていますが、最初から8レベルでしっかり入っているので(キラキラした状態ではありません)自然な感じです。
これには「自然な感じで、しばらくこのままでもいいかも?」とのこと。

アルファ水を使っているのでおしゃれ染めやグレイでも、褪色は防いでるのでその影響も大きいと思います。うまくイチゴカラーを使えばおしゃれ染めに切り替えやすいのではないかな?」

イチゴカラーを入れた美容室さんでは、再来店のお客さまの褪色が少ないという声は、ほとんどの先生が言います。

ヘアカラーの宿命と言うべき褪色が、イチゴカラーを使うことで褪色の速さや、保ちに大きな差が出るようです。

もちろん、施術後における外的要因の違いにも大きく左右されます。ヘアカラーの色みの変化として、シャンプーのよる影響もありますね。

シャンプー30回くらいまでは、アルカリ度が残ると言われています。とくに1~7回までのシャンプーは髪がデリケートな状態ですので、お客様にシャンプーの仕方を教えることも大切です。

たとえば、カラーをしたすぐの自宅でのシャンプーはシャンプー剤を5倍に薄める。同じく、2日目は4倍・3日目は3倍・4日目は2倍・5日目で通常のシャンプー剤に戻すということをするだけで褪色はなかり防げると言われています。

今日は「イチゴカラー施術1ヶ月後の感想」を書きました。イチゴカラーブログもどんどん書いていきますね。

エムティー株式会社 才木 豊