京都でのパセ講習

奈良から一気に京都に移動。アルファビューティーとイチゴカラーでお世話になっているアッシュヘアさんで、次のお客様の予約時間前にパセ講習。

パセの場合、このパターンが多いのは説明、アルカリ剤除去とポリイオンコンプレックスの実験を実際目で見てもらうこと(これで皆さんしっかり理解します。)と、

施術もアルファビューティーやイチゴカラーみたいに最初から最後までの施術ではなく、シャンプーからのフイヤージュによる除去→ラスィートリートメント塗布→ティージュによるゲル化で、今までない手触り感触と仕上がりに違いがでるからです。まずは先生の髪を綺麗にすると話は一気に進みますね。このシンプルな形でお伝えするので、時間もかからないのです。

今回は、久しぶりの先生との話や、子犬の時から知っているモモちゃんやムサシの話に盛り上がり、時間が押してしまいました(笑)

モモちゃん大きくなったね~

おっと時間がかなり過ぎた!ということで、説明と実験。ここで慌てたらよくカップに入れた水をひっくり返すので注意~今回もこぼしました(>_<)

そして、やっぱり先生をモデムにシャンプーからのパセに入ります。

まずはシャンプーあとに、お湯を溜めてフイヤージュを3push。約9ccを希釈したお湯を丁寧にかけていきます。これで、シャンプーでは落ちない汚れを落とします。

カラーやパーマのあとにすると、薬剤を完全除去します。

カップで丁寧に3分間かけていきます。

かけおわったら、栓を抜き手で水を切りラスィーヌトリートメントを塗布。ジャンボコームなどで馴染ませます。

すぐにティージュを塗布するのですが、ハリコシボリュームを出したいときは、トリートメントがしっかりついている状態で塗布。

やわらかく仕上げたいときは、軽くチェンジリンスさせてから塗布します。

ティージュもつけすぎにご注意。手に出したら、よく擦るように両手で切り糸をひく感じがなくなったら全体に塗布します。

塗布して、感触がキュッとなったらゲル化大成功‼️

あとは、時間もおかずに軽く流してパセ終了となります。

先生の仕上げです。うわぁ~ほんま綺麗やわ~京都弁はいいなぁ…

最初盛り上がりすぎて、before画像取り忘れでした…やっぱ仕事に集中しないとですね。

あとは、経過を見てもらいます。

これで、次の予約まで少し余裕がある時間で終了~その時間を有効に使い(笑)先生に駅まで送ってもらいました~ありがとうございました。

パセをどこまでも広げています。

今日も読んでいただきありがとうございました。

エムティー株式会社 才木 豊