パセでイチゴカラーもよみがえる。

「もう、パセって気になっていたんですよ~」と、第一声。そうだと思い、数日前にお伺いしたのが、長崎市の美容室スールさん。

お客様がいっぱいの中、薬液塗布前の準備中に一気にゲル化する実験。この図々しさでパセを広げています。その日のうちに講習依頼。そして、今日昼間の講習でした。ありがとうございます。

モデルは、いつもポイントでモデルになってもらうお客様。残念ながらbeforeがないのですが、本人いわく、ボサボサのクセ毛の髪。毛先に多少のダメージを見られます。

先生達に説明と実験は済んでいる(笑)ので、一気にシャンプーから入ります。

シャンプーお流しあとに、YUMEにお湯を溜めてフイヤージュを3pushの9cc。これが基本の量となります。

カップで丁寧に3分間かけます。これが基本の時間となります。これで、シャンプーでは落ちない汚れを完全除去。パーマやカラーのあとに行うと薬剤完全除去となります。

そのあと、お湯を流してすぐにラスィーヌトリートメントを損傷部分に塗布。さらに頭皮から全体に塗布します。セラミドを含んだトリートメントは、化粧品としての栄養クリームですので頭皮にもしっかりついても安心。ここでヘッドマッサージを入れてもいいですね。

コーミングして全体に行き渡ったら、すぐにゲル化(ポリイオンコンプレックス)させるティージュを全体に塗布します。

塗布前にしっかり手で切ってから塗布します。キュッとした感触になればOK!瞬時にトリートメント成分を入れ込んでゲル化させます。しっかりハリコシを出したい時は、トリートメントをつけたまま、ティージュ。やわらかく仕上げたいときは、軽くチェンジリンスしてからティージュです。

ポイントは、つけすぎないこと。今日はロングですので、500円玉大です。

キュッとなったら、軽くお流ししてパセ終了~慣れたら10分でお客様の髪をキレイにすることができます。

お客様の感想

「ええっ!て感じ。毛先のボサボサがキレイになって、来たときと違うのにビックリ!しかも、私の髪がこんな短時間で変わるなんて…」


先生達も、「今までにない感触で髪が強くなったようで弾力も出ている。今までの複雑な工程は何だったんだっ感じですね。」

すごいのは、1ヶ月半前に染めたイチゴカラーがよみがえった感じだそうです。褪色した感じも新たに染めたように色が出た感じですね。しかもつやつやなので、染めたすぐみたいです。

イチゴカラーが褪色した状態で、なんだかいい色味になっていました。

と、言うことで即・導入にプラスして施術用と自宅用。さらに店販用まで準備してもらいました。

シャワーワを使ったデトックスシャワーも試してみました。

講習後に、すぐにイチゴカラーのお客様にされて、1本1本がしっかりなりつやつやの画像を送ってもらいました。

明日も昼間のパセ講習。毎日パセっています。有難いことです。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

エムティー株式会社 才木 豊