OEM製造~完成までの流れ

こんばんは。

今日は今からスタッフの誕生日お祝いの飲み会です。Beerが美味しそう🍺

昨日に引き続きOEM商品の投稿です。先生方が希望するオリジナル商品を世に出すためには、やはりしっかりした打ち合わせが必要となります。今依頼もらっているサロンさんともメールやメッセージやラインでのやり取り。さらにサンプルを使ってもらっての修正などを進めながら、商品名やラベルデザイン決定などけっこう大変です。

でも、自分だけのオリジナル商品は苦労して作れば作るほど愛着が出てお客様にも心からオススメできることでしょう。

そこで、今日はOEM製造商品の出来上がるまでの流れを書きます。

まずは、一番のポイントであるどのような商品を作りたいのか、コンセプトを具体的にお聞きします。そこから商品開発のスタートです。ここで、このようなのを作りたいという対象商品があれば教えてもらいます。

コンセプトをもとに、メーカーではサンプル商品を作りますが、同時に商品名候補、製品容器・デザイン・パッケージの検討、容量と容器( ccポンプ・トリガー・ワンタッチ・パウチ等)、化粧箱あるなしなどを決めていきます。ラベルデザイン等はサロンさん側で準備してもらってもいいですし、ミューズ研究所でも行います。

商品サンプルが出来上がってきたら、サロンでテストをしてもらい問題点などを出してもらいます。

問題点があるときは、再商品サンプルを出して検証を重ねていきます。最終的にOKがでたら商品を決定。

ここで正式に見積りを出し(最初予算もお聞きします。)、商品の価格も決定して下さい。少ロットでできますので、ここは安心できますね。

合意のもと、生産準備と商品生産に入ります。納期まで約1ヶ月前後を見てて下さい。商品生産時に商品代の半額をお支払いいただきます。

いよいよ商品完成。オリジナル商品が納品されます。納品後、1週間以内に残金をお支払い下さい。

このような流れでOEM商品を作っていきます。その間のご相談やアドバイスなどはメーカーに確認しながら進めていきます。また、販売ルートなどもお手伝いできるようにしております。

この流れにそって記入していただく用紙も用意しています。ご気軽にご相談下さい。

今日もご覧いただいきありがとうございました。

エムティー株式会社 才木 豊