シンプルにラクトンカラー

くせ毛が気になっているモデルさんに、好きな色を入れながら髪質改善トリートメント。現状のベースにラクトンカラーを塗布します。

選んだ色はラクトンカラー・カッパー。もともとカッパー色はないので、イエローとレッドとブルーを組み合わせ作ります。

                                  ちなみにカッパーは、イエロー80%+レッドパープル20%(レッド75%+ブルー25%)となります。ええっ、面倒!と、思われるでしょうがお客様のために、ひと手間かけて作って下さい。このように出来た色を紙に薄く伸ばすとお客様の髪に染着する色が確認できます。無限の色ができるので、お客様オリジナルの色ができます。

                 今回はアルファウォーターシステムでのラクトンカラー。beforeです。

                                                                                                                                                                        アルカリ性水のアルファ1を噴霧。ウェットにしてから塗布していきます。

                 塗布後にしっかり揉み込み、ドライヤーで水分を飛ばすとより染着するようです。

                                  ラップして、遠赤で促進。タイムは20分。

                 タイム後に、シャンプー台で酸性水のアルファ2でしっかり乳化します。

ラクトンカラーは、ペーパー10ですので酸性水での乳化は、アルカリカラー同様非常にいい結果をもたらします。

                 その後、しっかり流してシャンプー。

このシャンプーもアミネージュシャンプーをケイ素水で割り泡にして優しく洗います。

シャンプーを流してコントローラーをつけてトリートメントします。コントローラーはペーパー5.5なので、ここでペーパー処理もします。

今回は、より効果を高めるために振動で成分を入れ込むするするコームを仕様。演出も効果も高まります。

                 最後にアルファ2を塗布して(水道水を髪に残留させないために)上げます。この時点で艶々です。鏡ごしに自分の髪を見たモデルさんもビックリ❕

セット面で、ドライ後にアイロンスルー。これはコントローラーに含まれるメドウラクトンの働きを高めます。

                 仕上げです。

                                                                                                                                                                                          この艶々感には、先生も「○○(他メーカー)は負けたね!」と、嬉しそう🎵

詳しく書きましたが、これが色をつけながらトリートメントができる色づくトリートメントです。アルファビューティーのアルファウォーターシステムとの組み合わせで、ワンランク上のラクトンカラーが可能となります。

最後まで、お付き合いいただきありがとうございました。

コメントを残す