イチゴ+ラクトンダブルカラー+アルファ

いつもは、新生部イチゴカラーNB8+ラクトン・レッド。既染部はラクトンレッドによる色づくトリートメントをする南島原市のビューティーサロンマツオの美穂さん。

今回は、違うパターンで染めてみようということで、新生部のみをイチゴカラーNB8でしっかり染めてから、全体をラクトン・レッドでしっかり染めるcolor on colorでの施術です。

年末から忙しかったとのことで、ご覧のとおり(笑)白髪は・・・少しです・・・

 

 

 

 

 

もちろん、アルファビューティーで生成される高電解処理水を使ってのアルファウォーターシステムです。

 

 

 

 

 

まずは、シャンプー後に前処理でアルファ1(高電解アルカリ水)塗布。薬剤の浸透作用を高めます。

 

 

 

 

 

新生部にイチゴカラーNB8を塗布。

放置時間30分

今度はアルファ2(高電解酸性水)でしっかり乳化。これがカラー施術時のポイントです。シャンプーして、お流し。

さらにアルカリ性であるラクトンカラーの染着が高まるように、アルファ1を塗布してから環境を整えます。

 

まずは、しっかり明るく染まりました。

 

 

 

 

 

次はラクトン・レッドを全体に塗布します。ここでアルファ1のアルカリの特性を活かしてレッドに混合。今回は半分の量でやってみます。問題なく染まることでしょう。

 

 

 

 

 

前に検証した結果です。

 

 

 

 

 

いい粘度になります。塗布しやすいですね。

 

 

 

 

 

ラップして加温15分。

 

 

 

 

 

再び、アルファ2で乳化。しっかり流してしっかりシャンプー

そして、コントローラーでトリートメント。このコントローラーは絶賛の声が多く寄せられています。

ドライのみの仕上げです。綺麗な赤で染まっています。

 

 

 

 

 

ビフォーアフター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が大好き美穂さん大喜び!やはり、color on colorのダブルカラーは、よりしっかりラクトンカラーの色が染まりますね。

また、メドウラクトン効果も高まり、より髪質の改善が期待できます。

コメントを残す